Implant the Breastインプラントの治療方法を知る!

近年、インプラント治療が盛んになってきました。入れ歯とは違い、安心して物を食べれるようになるのでインプラントは効果的な治療方法です。

マイクロスコープの結果を保存する

ただ結果を確認するだけでなくて、マイクロスコープで確認した結果を保存したり、プリントアウトしたりして、活用したいという事もあるかと思います。

その場合に、パソコンにつないで利用するタイプの物であればパソコンの中に保存する事ができるでしょう。しかし、中にはSDカードなどの記憶媒体に保存する物もある様です。

一度の観察でできるだけたくさんの結果を記録しておきたいという時には、メモリの確認も行っておきたいですね。一枚のSDカードの中に入らないという時には、何枚かのSDカードを用意しておくといいでしょう。

マイクロスコープでたくさん観察したい時にも、問題なく作業を進められそうですね。

マイクロスコープをパソコンに繋げてみよう

マイクロスコープをパソコンに接続することで、顕微鏡を使って精細に観察できる画像の種類が格段に広がります。静止画像はもちろんのこと、動画も撮ることができます。また、二次元方向だけでなく、三次元的に高さや深さ方向にも対象物をとらえる事が可能になります。その上、断面形状や段差などの計測機能や、パノラマ合成・深度合成をはじめとする高度な画像処理ができるものもあります。

また適切なレンズを選ぶことによって、液体の中にある物や高温の試料、焦点の遠い対象物や人間の入れない場所にある被写体などの計測や解析もできるようになります。

株式会社セルミック マイクロスコープの製造販売。

マイクロスコープはケーブル接続により使用範囲が広い

肉眼では確認できない小さなものを見たいとき何を使って見ようと思いますか?頭に浮かぶのは顕微鏡や拡大鏡となります。では、その台に乗せれないものや、乗せるためにその部分だけ切り取ることができないものはどうしますか?

その場合は、マイクロスコープという機器があります。拡大できるレンズを装着したカメラを動かし、モニターとケーブルで接続することで見たいものをそのままにして見ることができます。

また、マイクロスコープは、小さなものを見るという使い方の他に、人間が直接見ることができない狭いところでも、先端のカメラが到達させて、確認するという使い方があります。

レーザを使ったマイクロスコープの原理

マイクロスコープは、小さなものを大きく拡大するために利用されます。拡大した像によって、その対象物の詳細を観察します。そのためできる限り鮮明な像が得られなければ意味がありません。

小さなものを大きく拡大すると光学系の限界から歪みが生じます。その歪みを限りなく少なくしたものがレーザマイクロスコープです。レーザー光を照射し、対象物に当たって反射した光をピンホールで制限することで散乱が少ない光を検出できます。それを繰り返し対象物全体を走査することで像を形成します。この種類のマイクロスコープは目視ではなく、映像として出力されます。

マイクロスコープの合理的なズーム方式

マイクロスコープは、翻訳すると顕微鏡となりますが、両者の区別しやすい違いとしてズームの方式が有ります。仕組みはレボルバ方式ではなくズームリング方式なのでリングを回転させるだけで倍率変更できるようになっています。対象物との距離の変化がないので、ピント再調整の必要がなくなり効率的です。

顕微鏡の倍率は2から30倍ほど、マイクロスコープの倍率は数十から数百倍と倍率にも大きな違いが有り搭載されたCCDカメラによって取り込まれた画像を液晶ディスプレイで見る、という使い方になります。画像を見ながら計測したり、またそのデータを記録して解析するなど一連の動作に無駄やミスが少ない合理的な物となっています。

マイクロスコープはどういう時に使用する?

マイクロスコープとは、手術などで用いられる顕微鏡のことです。 現在、流通しているものでは、数十倍~数百倍にまで対象を拡大して見ることができます。 主に使用されるのは歯科治療です。歯科治療ではミクロの細かい作業を多く行います。

肉眼での診療にはどうしても限界があり従来では手鏡など使っていましたが、正確な診断と治療を行うには、さらに視野を拡大する必要があります。 マイクロスコープの特色は治療がリアルタイムでわかることです。内蔵されたカメラを通し、モニターにリアルに映像が映し出されます。肉眼では決してみることのできないもので録画した映像を診療後にチェックすることも可能です。

経験からの推測で治療することなく拡大された患部を直視できるので治療成績が向上して、治療時間が短縮できるうえに患者さんに負担を掛けません。また拡大して確認できるので、歯を削る範囲も抑えられ、神経の治療なども隅々まで治療できるので再発の可能性が大幅に下がります。

精密な検査や診断はもとより、虫歯治療、根管治療など様々な症例に活用されています。歯科治療だけでなく、精密なフィットが要求される審美や耳鼻科、外科処置にも使われています。 治療を成功させるには絶対に欠かすことができない機材です。

マイクロスコープの記事